葉酸サプリを選ぶならオーガニック

妊活サプリを飲む女性

妊娠を計画している女性や妊娠中の女性、また授乳中の女性の体は、特にデリケートな状態にあると言ってよいでしょう。

それで、このようにデリケートな状態にある母体はもちろんのこと、お腹の中にいる胎児や生まれて間もない赤ちゃんのためにも、体にやさしい葉酸サプリを選びたいものです。

そこで、お勧めなのはオーガニックの葉酸です。

もちろん、一言でオーガニックと言っても、いろいろなものがあることでしょう。

それらの中から上手に選ぶポイントは、オーガニック天然葉酸が配合されているサプリを選ぶということでしょう。

葉酸サプリのメリット

そうしたものを選ぶメリットは、母体の腎臓や肝臓に余分の負担を与えないようにすることができ、また胎児が喘息にかかるリスクを減らすことが可能になります。

さらにはアトピー性皮膚炎といったアレルギー反応を引き起こすリスクを減らすことができるという点でしょう。

これらの製品は、一般に非常に厳しい基準をクリアしているため、安全性が保証されていると言えるでしょう。

成分表やその他の情報、また実際に摂取している方の口コミなども参考にしながら慎重に選びたいものです。

このように、たいへん多くのメリットがある天然葉酸のものと比べて、合成の葉酸サプリは、大事な母体や胎児に悪い影響を与えてしまう可能性がたいへん高いと言われています。

なぜなら合成のサプリには、石油系の成分や化学薬品、またその他の添加物といったものが含まれているからです。

これらの物質を摂取していると、母体や胎児に栄養を与えることができないばかりか、かえって健康を害してしまう危険があります。

そこで、葉酸サプリを選ぶなら、百パーセント安心できる天然のものを選ぶようにしましょう。

葉酸サプリの効果と特徴について

緑の野菜の代表とも言えるほうれん草から発見された事から、名付けられた葉酸は水溶性のビタミンB群の1種です。

葉酸には健康で状態の良い血液を生成する源になる機能である赤血球を、正常に保つ働きがあるとされています。

またたんぱく質や遺伝子と深い関連がある、DNAの合成にも良い作用を与えると言われています。

そのため細胞の分裂や成長にも大きな関わりを持つとされ、胎児が形成される過程での妊婦さんには欠かせない栄養素だとされています。

さらに度重なる研究の結果に基づき、葉酸は胎児の神経官閉鎖障害のリスクを大幅に低下させる効果もあるといいます。

 

このように赤血球や細胞の生成に深く関わる葉酸は、水溶性のビタミンで熱に弱い性質を持ちます。

そのような性質上加熱などの調理方法の過程で必要な栄養素が失われがちな特徴を持ちます。

そのため必要量を効率的に摂取するにはサプリなどで、取り入れることが最も体内に吸収されやすいと言われています。

また1日に必要な量の葉酸を食品から摂ろうとすると、ほうれん草ではなんと7束程度を摂取しなければならない計算になります。

さらに加熱調理以外の調理法で頂くことを考えると、毎日定期的に食べるのは難しいのが現状です。

このような理由からも葉酸はサプリで補うことが理想的であり現実的でもあります。

また最近のサプリには葉酸と相性の良いビタミン12や鉄分・ミネラルなどの成分もプラス配合しているので、様々な栄養素が同時に摂取できる点も高評価です。

またつわりの重い妊婦さんでも、サプリなら安心して飲むことができます。

気軽にライフスタイルに習慣化できて飲みやすく、1日の必要量を摂ることができるサプリはまさに万能な健康補助食品です。

妊婦にはなぜ鉄分が必要か

妊活中の女性

妊娠すると体内で鉄分が多く必要になります。

母体の血液の量が増加して体の造血機能が一生懸命に働くようになるので素が、地を作り出す際に必要になるタンパク質や鉄、ビタミンなどの栄養素が不足してしまうと貧血を起こしてしまいます。

特に真心中の女性が貧血に陥ると流産や早産、そして怖い妊娠中毒症のリスクが高まったり、出産の際に微弱陣痛になったり胎児が未熟児になったりするといった形で影響が現れることも考えられます。

妊娠初期の頃は人によってはつわりの症状が酷くて余り食べられないケースもありますが、まだ妊娠初期の妊婦はそれ程栄養の事ばかりを気にしなくても大丈夫です。

 

けれども妊娠中期以降から分娩後に掛けての時期は体内で鉄分を多く必要とするようになります。

妊娠中に鉄分不足になりがちなのは、妊娠したことによって体内で赤血球よりも体液が増加してその結果血液が薄くなったような状態に陥るために貧血を起こしやすいことに繋がっています。

体調が変化することで食材を買いだしに行ったり調理したりすることが十分にできなくなって、その結果食事の内容が酷く偏ってしまったり、食事の量そのものが不足しがちになることもその原因です。

鉄分を体にたっぷりと取り込むために食べたい食品としては、最もよく知られているのがレバーです。

レバー以外の肉類や魚介類、卵にもヘム鉄が豊富に含まれているので妊婦は積極的に食べたいものです。

ヘム鉄と言うのは非ヘム鉄よりも体への吸収がよいため、効率よく体に取り込むことができます。

また鉄分の吸収を助けるビタミンCを摂取することも大切です。

妊婦が効率よく栄養素を摂るために、医師と相談してサプリメントを活用するのもおすすめです。

妊婦に必要な栄養素:サプリメントも有効活用する

看護師さん

妊婦さんはサプリメントを摂取して栄養分を補う必要があります。

特に摂る必要性が大きいのは、「葉酸」「カルシウム」「鉄」「ビタミンC」です。

ここではこれらの栄養素について解説してみます。

 

葉酸の特徴

「葉酸」は、赤ちゃんの脳・神経をつくるのに欠かせない栄養素です。妊娠3ヶ月までに葉酸が不足してしまうと、脳や神経がうまく作られず、先天性異常の可能性が高まる可能性があります。

ですから、過不足なく葉酸を摂る必要があるわけですが、日頃の食事だけで必要量を摂るのは容易ではありません。

だからこそ、サプリメントを使って補うべきだと言うわけです。目安として、妊婦さんは1日に400μg補給しましょう。

 

カルシウムの特徴

「カルシウム」は、赤ちゃんの骨・歯をつくる栄養素です。妊娠中に不足したカルシウムは、母体から溶け出して赤ちゃんへ供給されます。

その分母体のカルシウムが減少するので、妊婦さん(あるいは出産後のお母さん)の骨密度が低下しかねません。サプリメントを利用して、1日に650mg程度摂取するよう心がけましょう。

カルシウムは、乳製品はもちろん、小松菜や煮干しなどに多く含まれます。ただし、過剰に摂取するのは良くありません。カルシウム摂取量の上限は1日2300mgです。

 

鉄の特徴

「鉄」は、血液中のヘモグロビンをつくるのに欠かせません。鉄は赤ちゃんに優先的に送られるため、鉄分が不足すると貧血や動悸、だるさなどの症状があらわれます。

妊娠中初期は1日8.5gm、中期~後期は21mgを目安に摂取しましょう。鉄分は小松菜や納豆、レバーなどを多く食べ、足りなければサプリメントで補ってください。

 

ビタミンCの特徴

最後の「ビタミンC」は、免疫力を高める、血管や骨の細胞を再生する、鉄分などの他栄養素の吸収を助けるなどの効果があります。

1日に110mgを摂取しましょう。ピーマンやブロッコリー、みかんなどを意識して食べましょう。

 

 

ディアナチュラの葉酸サプリは内容が良い

葉酸サプリを飲む女性

葉酸はビタミンB群の仲間で水溶性のビタミンです。

ホウレンソウなどの緑黄色野菜や豆類、レバーに多く含まれていて血を作るビタミンとしても有名です。

そのため細胞分裂も進めることから摂取をした方が良いとされています。

特に妊娠を予定している方、妊娠初期の方は十分に摂取すると胎児の先天性異常の発症リスクを下げる、妊娠中毒症の改善、マタニティブルーを抑制できると言われており積極的に取った方が良いとされています。

葉酸は水溶性ビタミンのため、炒めたりゆでたりするなど加熱すると食品に含まれている量の半分がなくなる特徴があります。

毎日排出されてしまい、一日の目標量を食品から摂取するのは難しいため、継続的に葉酸を摂取するにはサプリを活用する必要があります。

アサヒのサプリメントディアナチュラは症状に合わせ様々な成分のサプリメントを販売製造していますが、葉酸も取り扱っています。

 

ディアナチュラの特徴

ディアナチュラのボトルタイプのものはビタミンB16やビタミンB12も配合しており、1日1粒服用するだけで一日分の葉酸やビタミンB6、B12を摂取することができます。

カロリーも低く、1kcalもないので安心です。

ディアナチュラのパウチタイプには葉酸の他、ビタミンB12、ビタミンC、鉄分が配合されています。

こちらも1日1粒服用で必要量を摂取することができます。

パウチタイプの方が葉酸が若干多く含まれています。

鉄分も配合されているのでより貧血改善に役立ちます。

2つとも妊娠している方だけでなく、野菜不足と感じている方、食事のバランスが取れていないと感じる方も摂取することにより改善されます。

サプリメントは栄養が手軽にとれるものですが、毎日の食生活も大事です。

偏食せずバランスよく食べた上でサプリメントを活用するとより効果があがります。