妊婦にはなぜ鉄分が必要か

妊活中の女性

妊娠すると体内で鉄分が多く必要になります。

母体の血液の量が増加して体の造血機能が一生懸命に働くようになるので素が、地を作り出す際に必要になるタンパク質や鉄、ビタミンなどの栄養素が不足してしまうと貧血を起こしてしまいます。

特に真心中の女性が貧血に陥ると流産や早産、そして怖い妊娠中毒症のリスクが高まったり、出産の際に微弱陣痛になったり胎児が未熟児になったりするといった形で影響が現れることも考えられます。

妊娠初期の頃は人によってはつわりの症状が酷くて余り食べられないケースもありますが、まだ妊娠初期の妊婦はそれ程栄養の事ばかりを気にしなくても大丈夫です。

 

けれども妊娠中期以降から分娩後に掛けての時期は体内で鉄分を多く必要とするようになります。

妊娠中に鉄分不足になりがちなのは、妊娠したことによって体内で赤血球よりも体液が増加してその結果血液が薄くなったような状態に陥るために貧血を起こしやすいことに繋がっています。

体調が変化することで食材を買いだしに行ったり調理したりすることが十分にできなくなって、その結果食事の内容が酷く偏ってしまったり、食事の量そのものが不足しがちになることもその原因です。

鉄分を体にたっぷりと取り込むために食べたい食品としては、最もよく知られているのがレバーです。

レバー以外の肉類や魚介類、卵にもヘム鉄が豊富に含まれているので妊婦は積極的に食べたいものです。

ヘム鉄と言うのは非ヘム鉄よりも体への吸収がよいため、効率よく体に取り込むことができます。

また鉄分の吸収を助けるビタミンCを摂取することも大切です。

妊婦が効率よく栄養素を摂るために、医師と相談してサプリメントを活用するのもおすすめです。