葉酸サプリの効果と特徴について

緑の野菜の代表とも言えるほうれん草から発見された事から、名付けられた葉酸は水溶性のビタミンB群の1種です。

葉酸には健康で状態の良い血液を生成する源になる機能である赤血球を、正常に保つ働きがあるとされています。

またたんぱく質や遺伝子と深い関連がある、DNAの合成にも良い作用を与えると言われています。

そのため細胞の分裂や成長にも大きな関わりを持つとされ、胎児が形成される過程での妊婦さんには欠かせない栄養素だとされています。

さらに度重なる研究の結果に基づき、葉酸は胎児の神経官閉鎖障害のリスクを大幅に低下させる効果もあるといいます。

 

このように赤血球や細胞の生成に深く関わる葉酸は、水溶性のビタミンで熱に弱い性質を持ちます。

そのような性質上加熱などの調理方法の過程で必要な栄養素が失われがちな特徴を持ちます。

そのため必要量を効率的に摂取するにはサプリなどで、取り入れることが最も体内に吸収されやすいと言われています。

また1日に必要な量の葉酸を食品から摂ろうとすると、ほうれん草ではなんと7束程度を摂取しなければならない計算になります。

さらに加熱調理以外の調理法で頂くことを考えると、毎日定期的に食べるのは難しいのが現状です。

このような理由からも葉酸はサプリで補うことが理想的であり現実的でもあります。

また最近のサプリには葉酸と相性の良いビタミン12や鉄分・ミネラルなどの成分もプラス配合しているので、様々な栄養素が同時に摂取できる点も高評価です。

またつわりの重い妊婦さんでも、サプリなら安心して飲むことができます。

気軽にライフスタイルに習慣化できて飲みやすく、1日の必要量を摂ることができるサプリはまさに万能な健康補助食品です。